師長職、部長職を歴任/50代(看護師)の転職事例

MSAの看護師の求人/募集/転職転職事例一覧 > 師長職、部長職を歴任/50代(看護師)の転職事例

管理職(看護部長さん)の転職

管理職の転職もデリケートな部分は多いと思います。
診療報酬の改定による影響で、病院の新たな方向性の模索、人員配置ほか、業務の見直し、現場での実際の業務など、業務量と責任が増えたというお話は現場にいる方々からよく聞く所です。

今回依頼を受けた看護部長さんは、ケアとキュアとのバランスを保ちながら看護を行うことを大切にしてきた方でした。また、指導者としては師長時代に1年間、病棟スタッフの一人一人と向き合い、一人の退職者も出さなかったことが誇りだったそうです。

●面談にて
初めての面談では多くのことを話して頂きました。30年以上のキャリアのある方でしたので、今のご自身の状況から医療界全体のことまで幅広い内容でした。

10日間ほど時間を頂いた後、案件を取りまとめ再度打ち合わせです。
ご自宅から通える範囲内というご要望でしたが、5件の求人情報を準備。
うち3件にご興味を持ち、面接に伺うことになりました。

結果的にH病院に内定、ご勤務されることになるのですが、印象的なのはその病院との3回に渡る面接でした。
2回目の面接時のことです、院長が私達に提示した「病院の今後についての計画」と「看護部長職の業務内容、権限」のスキームには目を見張るものがありました。私達の間で事前確認しようと決めていた事柄に対する全ての答えが書かれていたからです。H病院には改善点が山積みであるということも説明・見学で知らされてはいましたが、看護部長さんの“この院長先生と仕事がしてみたい”との一言が決め手となりました。

雇用条件の確認。ご入職。

今でも“未整備な部分があってたいへん(絵文字入り)”とメールを下さることがあります。仕事のしやすい設備があったり、給与待遇が良いことも重要ですが、どんな同僚、上司と仕事ができるかも大切なことですよね。
MSA(メディカルスタッフ・エージェント)ではそんな良い出会いがあることを期待しております。

( 看護師 50代 ご経験:師長職、部長職を歴任 )


転職事例一覧へ お問い合わせ

首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)の看護師の転職ならMSA(メディカルスタッフエージェント)|今すぐ登録

無料登録はコチラ
転職に役立つ情報 履歴書の書き方
MSAの転職事例
はじめての転職、上京 (20代)
九州から東京に上京したいというFさん、脳外2年、産婦人科5年のご経験をお持ちでした。ご依頼の内容は、・脳外か産婦人科での病棟勤務(どちらを希...
ママさんナースの転職 (20代/神奈川県)
最近、転居したばかりという看護師・Tさん。“夫の転勤で引越しをしたばかりです。今自分でも努力していますが、近くの病院のこともよく...
クリニックに就職したい! (20代)
興味のあるクリニック情報を見つけても数日後には定員になっていた、、、。クリニックでの求人ではよく起こりうることではないでしょうか。結婚をきっかけに都...

その他の事例はコチラ

MSAのアンケート
MSAの人気の秘密
  • 入職まで完全サポート
  • マンツーマンの担当者
  • 上京転職パック
  • 医療施設詳細検索
  • リアルタイムの求人情報
  • お問い合わせはこちら
ページトップへ