オペ室/30代(看護師)の転職事例

MSAの看護師の求人/募集/転職転職事例一覧 > オペ室/30代(看護師)の転職事例

オペ室への転職

オペ室への転職

看護経験が豊かな方であっても、転職先の業務のシステムに慣れるまでは努力が必要とよく聞きます。オペ室の場合、チームや各科の個性豊かなDr.と息を合わせて動くことが要求されるため、入職直後はやはり神経を使う部門であると思います。

三次救急の病院でオペ室5年の経験を持つKさん。

一度は地方にある実家に戻り、地元の一般病院に就職するも、残念ながら納得できる環境ではなく、関東に戻り転職したいというご希望でした。

(キャリアのスタートが高度な設備とマンパワーの整った医療施設でしたので、Kさんがそう感じるのは無理もなかったかもしれません。)

“脳外、循環器、、、婦人科まで一通りの経験はしてきたつもりです。一般的なオペには対応できると思います。”との力強い言葉を頂き、探索に入りました。

前職を短期間で退職した理由を聞いていたので、やはりまとまった規模、症例、マンパワーの整った医療施設の情報をお届けできるよう専念しました。

その後、S病院に面接・見学。サプライズがありました。Kさんが新卒時代に指導をしてくれた看護師さんがその病院のオペ室に勤務されていました。

条件がご希望に合い、先輩の看護師さんの存在も大きかったのでしょう、面接の後半には“私こちらの病院にお世話になりたいです”との言葉もあり、面接側も結論を下さり内定となりました。

内定後、提携会社より賃貸物件の情報を提供。前職、前々職よりも給与待遇がアップし、オペ内容にも問題なく対応されています。

後日、病院の担当さんからの連絡もあり“入職の決手となった先輩看護師がMさんのフォローにつき、以前の病院と今の病院での業務内容の違いを詳しく教えたことで、早い段階で新しい職場に溶け込むことができています。ご本人も仕事がし易いはずですよ。”とのお話がありました。

転職によってどんな同僚や上司とめぐり会えるかは興味の尽きない所ですよね。結果的にではありますが、ちょっとした再会の縁結びをさせて頂きました。

( 看護師 30代 ご経験:オペ室 )


転職事例一覧へ お問い合わせ

首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)の看護師の転職ならMSA(メディカルスタッフエージェント)|今すぐ登録

無料登録はコチラ
転職に役立つ情報 履歴書の書き方
MSAの転職事例
はじめての転職、上京 (20代)
九州から東京に上京したいというFさん、脳外2年、産婦人科5年のご経験をお持ちでした。ご依頼の内容は、・脳外か産婦人科での病棟勤務(どちらを希...
ママさんナースの転職 (20代/神奈川県)
最近、転居したばかりという看護師・Tさん。“夫の転勤で引越しをしたばかりです。今自分でも努力していますが、近くの病院のこともよく...
クリニックに就職したい! (20代)
興味のあるクリニック情報を見つけても数日後には定員になっていた、、、。クリニックでの求人ではよく起こりうることではないでしょうか。結婚をきっかけに都...

その他の事例はコチラ

MSAのアンケート
MSAの人気の秘密
  • 入職まで完全サポート
  • マンツーマンの担当者
  • 上京転職パック
  • 医療施設詳細検索
  • リアルタイムの求人情報
  • お問い合わせはこちら
ページトップへ